後遺障害の等級認定に関する相談は、弁護士、行政書士へ

後遺症と後遺障害。似た言葉ですが、その違いをご存知でしょうか。後遺症は、事故の後で急性症状が治癒した後も残る、不快症状や機能障害のことです。

一方の後遺障害は、事故で受けた傷害が将来においても治る見込みが無く、事故とその症状の間に確かな関連性が認められ、それが医学的に証明できるものです(具体的には、さらに詳しい定義があります)。

後遺障害を被ると生活全般に大きな支障が出るため、その程度に応じて等級が認定され、交通事故などの損害賠償の対象になります。後遺障害を被ったら等級認定を受ける必要がありますが、申請は一般人には面倒で煩雑です。

等級は1級から14級まであり、実際より低い等級に認定されてしまうと、不利やデメリットが多くなります。加害者と被害者の間のトラブルを避けるためにも、弁護士や司法書士の力を借りる方が確実です。無料相談を行っている所も多いので、等級認定で悩んでいる方は、一度相談してみるといいでしょう。

関連記事:事故による後遺障害と等級